倉庫型店舗における物流と価格変動

倉庫型店舗は大型のスペースに商品を展示し顧客がその中から自由に商品を集めて購入するというもので、本来は海外の販売スタイルとして成長した物です。この特長は大型の店舗に商品を大量に配置することで顧客にはその品ぞろえをアピールする半面、従来の小売店に配送して販売するという物流スタイルを変えることでコストを安くし、より販売価格の低下と利益の上昇を両立したスタイルと言えます。この販売方法はこれまでの日本における販売方法とは大きく異なり、新しい販売方法として定着しています。顧客は豊富な品ぞろえと商品の量の多さに魅かれ遠くから来店し、大量に商品を購入することで客単価が向上するとともに、これまでコストとして掛かっていた運送費用を顧客に転嫁することが可能で、その分話題性とコスト低下が両立できることになるのです。

日本の流通スタイルを変革した販売方法

これまで日本における販売方法は問屋が商品を仕入れ、小売店に卸すという販売スタイルであり、小売店は少量多品種でそれぞれの地域に点在して販売を行っていたものでした。その為、小さな店舗でも品ぞろえは豊富で、また価格は安くはないけれど家の近くで購入できるということが大きな魅力になっていました。しかし、近年では郊外型のスーパーマーケットが普及し、多くの人が自動車を所有することになったことで遠くまで移動して大量に安い商品を購入するようになったことから、物流コストを抑えた郊外型の大型店舗が増えているのが大きな特長です。倉庫型店舗はこの郊外型の一つの究極的な形で、大量の商品を備えることで安心感を与えるとともに価格を安く設定して割安感を打ち出し大量に販売するという形態となっています。

倉庫型店舗はメリットばかりではない

倉庫型店舗は一見商品の品ぞろえが豊富というイメージが有りますが、実際にはこれは少し異なります。この様な店舗の基本はあくまでも物流コストを抑える点にあり、そのため一見商品の品ぞろえが多いように見えますが実は多量少品種で有る点にポイントがあります。その為、広い空間には同じ商品が大量に陳列されていることが多く、商品の種類は郊外型スーパーの方が多いという実態が有ります。又、商品の数量も大容量の物が多く、少量多品種とは逆の販売方法となっています。通常では販売の階層を経るたびに店舗が小型化し、価格が高くなる代わりに分量が少量になる物ですが、これらの店舗は全く逆の発想で成り立っています。その為、物流コストが大きく抑えられ、低価格が実現できているという理由があります。